気ままな徒然草別館

ゲームや日常に関することを徒然と語るブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

読書:真夏の日の夢

真夏の日の夢 (メディアワークス文庫)真夏の日の夢 (メディアワークス文庫)
(2011/02/25)
静月 遠火

商品詳細を見る

「心理学の実験」を名目に
密室状況のアパートで男女が1ヵ月間生活をともにすることになったが、
その一人が突然消失するといったストーリー。
参加者は劇団サークルのメンバー同士なので、
そんなギスギスした話でもなく、合宿的なノリで話が進んでいく。
クセのあるキャラばかりで、日常のヒトコマ的な話が面白い。
そのなかに読者のミスリードを誘う仕掛けが用意されていて
もう「やられた!」の一言。
主人公の印象が最後の最後で180度変わるのが印象的だった。

スポンサーサイト
  1. 2011/05/04(水) 15:46:28|
  2. 読書
  3. | コメント:0

読書:ビブリア古書堂の事件手帖~栞子さんと奇妙な客人たち~

ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち (メディアワークス文庫)ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち (メディアワークス文庫)
(2011/03/25)
三上 延

商品詳細を見る

古書とその持ち主にまつわる謎を解き明かすミステリー。
古書の内容と謎がリンクしているところがミソ。
この本にはどういう思いが込められているのか?
持ち主はなぜこの本を売りにきたのか?
古書店の女性店主(ヒロイン)は、わずかな情報を頼りに
その謎を解き明かしていく。
各話のタイトルには実在した本の名前が使われていて
第一話は「夏目漱石『漱石全集・新書版』」の話。
この本によって主人公のある秘密が明らかになる。
第三話「ヴィノグラードフ・クジミン『論理学入門』」は、
夫婦の心温まるエピソードがちょっと泣けた。
個人的には、本好きのヒロインが
古書について熱く語るシーンにグっと来た。
本について語ることが好きな人は共感できるんじゃないかと思う。
連作短編形式で読みやすいのも良かった。
良作に認定。
ぜひ続編が読みたい。


お次は「真夏の昼の夢」を読むつもり。
住宅密集地の一軒家で“陸の孤島”ミステリーという変わった設定。
この本も「小説家の作り方」「ビブリア古書堂の事件手帖」と同じで
メディアワークス文庫。
最近、自分の中でメディアワークス文庫が熱いです。
  1. 2011/04/30(土) 04:20:20|
  2. 読書
  3. | コメント:0

読書:小説家の作り方

小説家の作り方 (メディアワークス文庫)小説家の作り方 (メディアワークス文庫)
(2011/03/25)
野崎 まど

商品詳細を見る

「小説作法かと思ったらSF小説だったでござる」という斜め上を行く展開。
ハルヒほどぶっ飛んでないし、
序盤から丁寧に伏線が張られているので
最後まですんなり読むことができた。
そして終盤で明らかになる「この世で一番面白い小説」の存在。
うん、確かに「この世で一番面白い小説」になりそうだった(笑)。
オチがちゃんとタイトルにかかっているのは見事だと思った。
今作も野崎まどらしい不思議ミステリーでした。満足。

  1. 2011/04/30(土) 03:49:35|
  2. 読書
  3. | コメント:0

読書:デート・ア・ライブ 十香デッドエンド

デート・ア・ライブ  十香デッドエンド (富士見ファンタジア文庫)デート・ア・ライブ 十香デッドエンド (富士見ファンタジア文庫)
(2011/03/19)
橘 公司

商品詳細を見る

世界を破壊する力を持つ少女(精霊)をギャルゲーのノリで篭絡して、
なんとか世界の危機を防ごうというストーリー。
主人公をサポートする組織が
いちいち作戦会議を開いてシミュレーションするのがギャルゲー(笑)。
その攻略指示通りの選択をしてるのに
毎回地雷を踏まされる主人公の姿が泣ける。
シリアス分はひかえめだけど、コメディ作品として楽しめた。
2巻からは修羅場になりそうなので、
ISみたいなハーレムモノが好きな人にはオススメできるかも。

  1. 2011/04/30(土) 03:32:41|
  2. 読書
  3. | コメント:0

読書:彼女のひとりぐらし

彼女のひとりぐらし 1 (バーズコミックスデラックス)彼女のひとりぐらし 1 (バーズコミックスデラックス)
(2010/07/24)
玉置 勉強

商品詳細を見る

非モテ女子の一人暮らしを描いたマンガなんですけど、
これがもう切なくて泣けてくる。
いやたぶんたいていの人は大笑いできるんだろうけど
一人暮らしの長い自分としては
かなり共感できる部分があるのですよ。
一人暮らしの気楽さとか、寂しさとか……ね。
主人公は料理できない、お洒落でもない、だらしない女子なわけですが
それでもいとおしくなってくるんです。
当方、男ですけど、もう主人公に感情移入しまくりで大変でした(笑)。

いつかこのマンガを笑って読める日が来るといいな……(遠い目)。

とはいえ第2巻の発売を楽しみに待ちたいと思います。


マンガの帯に書かれていた非モテ女子チェックリストを転載。

□家でひとりでよく飲む(特に風呂上りのビール)
□鍋でもラーメンでもカラオケでもひとりで大丈夫
□お風呂でゲームをする
□「ひとり病床」の辛さをよく知っている
□腹肉がやばすぎる

一つでも該当する方には自信をもってこのマンガをオススメします!

  1. 2011/01/18(火) 02:42:01|
  2. 読書
  3. | コメント:0
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。