気ままな徒然草別館

ゲームや日常に関することを徒然と語るブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ゲーム:メトロ2033をクリアしてみた


メトロ2033メトロ2033
(2010/05/13)
Xbox 360

商品詳細を見る

たまには人じゃなくて
怪物を撃ちたいぜーってことで買ってきたのがメトロ2033。

核戦争で荒廃した世界が舞台で、場所はロシア。
地上が汚染されて地下鉄の駅に逃げ込んだ人々の物語。
地上は突然変異で現れた怪物が闊歩する世界になっていた。

小説が原作だそうで、主人公のモノローグで状況説明が入り、
導入部分ですんなりゲームの世界に入り込むことができました。
これはちゃんと吹き替えで日本語音声になってるのが大きいと思う。

メトロ2033の世界は暗く、狭く、そして息苦しい。
プレイヤーにも徐々にその息苦しさが伝わってきます。
デジタル的なステータス画面が最小限に抑えられていることもあって、
ゲームへの没入感がハンパないのです。
サラウンドヘッドフォンをつけて1時間ぐらいプレイしたら
ゲームに集中し過ぎてしまって、ひさびさに酔ってしまったw
敵は怪物メインかと思ったら、野盗とよばれる人間も出てきたり
ゾンビっぽいものも出てきます。
主な舞台が暗い地下鉄の中で、突然怪物が出てくるとビビリまくり。
ホラー映画のような演出がちょこちょこ入ってるのでそれも怖い。
暗い線路を通り抜けて次の駅についた時の開放感がたまらないです。

メトロ2033はストーリーという線路がきっちり敷かれ、
その線路を進み、主人公の物語を
プレイヤーが体験していくという形になっています。
一言で言えば、ストーリー重視のFPS。
個人的にはダークネスにプレイ感覚が似てると思った。
あれもストーリーでぐいぐい引っ張るタイプのゲームなので。
もしくはFallout3を一本道にして演出を強化したタイプといえるかも。

このゲームは没入感が半端ないので、
1時間プレイするだけで結構疲れます。
でも休んでまたプレイしたくなってします。
それだけの魅力がこのゲームにはあると思います。

最終的にロシアのテレビ塔を目指すという展開になるんですが
どこかで聞いたような話だと思ったら、フラジールですよ。
メトロ2033もフラジールも荒廃した世界で
テレビ塔を目指すってところは同じなんですよね。

終盤は、正直クリアするのがもったいないくらいでしたw
それだけこのゲームの世界にハマりましたよ。
なんといっても世界の雰囲気がイイ!
グラフィックのクオリティが高いのもあるけど、
ダンジョンの構造が面白いんですよ。
極端な高低差があったり、土管の中を進んだり
ギミックや謎解きまであるので
FPS視点のアドベンチャーゲームを遊んでいるかのよう。
薄暗いトンネルをさまよってる時になぜか懐かしさを感じたのですが
WIZやダンマス(ウルティマアンダーワールドとかw)を思い出していたんです。
WIZのダンジョンを探索してる時の感じに似ている。
新しい階層に降り立った時の緊張感とか。
敵のミュータントが手ごわいのもいい。
ミュータント系は結構な弾をぶち込まないと倒せないので
かなりの強敵なんですよ。
ちなみに人間の敵はヘッドショット一発なんですけどw

そしてEDをむかえ、主人公の物語は終わりました。
心地よい疲労感とともに終わったという寂しさ。
世界観にハマったのはバイオショック1以来。
ここ最近プレイしたFPSの中では一番おもしろかったです。

とはいえ、メトロ2033のFPS部分はわりと普通だし、
対戦モードもないので、FPSファンにはそんなオススメできませんw

ストーリー重視のゲームが好きな方にプレイしてもらいたいですね^^

スポンサーサイト
  1. 2012/09/02(日) 05:14:32|
  2. ゲームクリア後感想
  3. | コメント:2

ゲーム:DUNAMIS15をクリアしてみた


DUNAMIS15 (初回限定版)DUNAMIS15 (初回限定版)
(2012/07/26)
Sony PSP

商品詳細を見る

※リンクはPSP版

クリアしたのは去年の9月だけど、いまさら感想を書いてみます。

カオスヘッドやシュタゲの5pbということで話題になりましたが
KID系のAVGならハズレはないだろうと思って発売日に購入。
サントラ目当てで限定版の方です。

結論から言っちゃうと、個人的にはかなり楽しめました。
KID系のAVGシステムなので、ほぼストレスフリーの操作性。
体感的な読み込み時間もほぼなし。(※360版の場合)

KID系AVG譲りのシステムで、ほぼストレスフリーの操作性。
TIPSやフローチャートの閲覧システムも快適。
サスペンスホラーなストーリーもよかった。

日常パートの仲間たちが楽しそうに描かれていたからこそ、
非日常パートでの閉塞感や絶望感がハンパなかったんだと思います。
ユーザーとしてはその結末が気になるわけで、
最後の方は一気にEDまでプレイしてしまいました。
声優さんがベテラン過ぎたのはちょっと気になったけど、
高校生役の東地さんもすぐ慣れました(笑)。
キャスト陣の中では妹尾梓役の庄子裕衣さんの演技はとくに光ってた!
あのオンオフの切り替え具合にはゾクゾクしましたねぇ。

あえて不満点をあげるとしたら、
終盤で唐突に出現したクリアフラグの存在です。
それまでは間違った選択肢を選ぶと即BADENDという流れだったのに、
あそこだけ事前にフラグを立ててないとBADENDというシステムにしたのかが疑問。
あと終盤で、地下に降りるか1階に行くかでBADENDになる選択肢は、
ユーザーに判断する情報を与えてないという点で、理不尽過ぎる。
プロデュース面についてもちょっと疑問があって、
一番気になったのは公式によるネタバレ。
シナリオ構成的に、主人公たちが自分たちの存在理由を知って
驚愕する場面が最初の衝撃だと思うんだけど、
そのことはパッケージの裏に書かれているので、
登場人物と同じように驚くことができませでした。。
あと章の数も本来は隠しておくべきじゃないのかなぁ。
そうじゃないと「この章では助からない」とわかってしまう。

最後にまとめると、DUNAMIS15の一番よかったところは
お話がちゃんと完結しているところだと思います。
当たり前のことかもしれないけど、
ユーザーに投げっぱなしな作品はわりと多いので、
そういう意味でもEDでカチっと納まったDUNAMIS15は評価したいです。


DUNAMIS15 (通常版)DUNAMIS15 (通常版)
(2011/09/15)
Xbox 360

商品詳細を見る



DUNAMIS15 (通常版)DUNAMIS15 (通常版)
(2011/09/15)
PlayStation 3

商品詳細を見る
  1. 2012/09/02(日) 04:48:13|
  2. ゲームクリア後感想
  3. | コメント:0

ゲーム:気になる同人ゲー

「花咲か妖精フリージア C80 PV」


この同人ゲーすごいなー。
このクオリティは絶対にプロの犯行(笑)だと思う。
経験がないと作れないレベル。


開発サークルのHP
「えーでるわいす」
http://edelweiss.skr.jp/
  1. 2011/07/16(土) 15:49:02|
  2. ゲーム全般
  3. | コメント:0

ゲーム:トラブル☆ウィッチーズ ねぉ!



いつもお世話になってる某さんが「トラねぉ」の実況動画を
うpしたので紹介しときます。

「トラブル☆ウィッチーズ ねぉ!」は魔女っ子を操作する横スクロールSTG。
ゲーム自体はぶっちゃけ「ファンタジーゾーン」です(笑)。
その「ファンタジーゾーン」にかわいい絵柄のキャラと女の子ボイスを足して
システム的に弾幕STG風の要素を入れたゲームと言っていいと思います。
このゲームのウリは、軽く遊べるSTGってとこじゃないでしょうか。
タイムアタックがあるのでやりこもうと思えばとことんやりこめますけど、
ゲームの基本部分はさくっと遊べます。
普段STGをやらない人にもオススメしたいゲームですね。


参考:
「トラブル☆ウィッチーズ ねぉ!」公式サイト
http://www.bouken.jp/pd/twx/
  1. 2011/05/29(日) 20:08:47|
  2. ゲーム全般
  3. | コメント:2

ゲーム:グングニル その1

グングニル -魔槍の軍神と英雄戦争-グングニル -魔槍の軍神と英雄戦争-
(2011/05/19)
Sony PSP

商品詳細を見る

アトラスから発売中のSRPG「グングニル-魔槍の軍神と英雄戦争-」の感想。
開発はユグドラユニオン等で有名なスティング。
現在、SCENE22を攻略中。
ファーストインプレッションのつもりで書こうと思ったら
もう後半戦に入ってました(苦笑)。

一言で言えば見た目どおりのタクティクスオウガ系のゲーム。
クォータビュー視点で、段差があって、
ユニットを隣接させて攻撃するという基本は同じ。
じゃあ、何が違うのか?
グングニルの公式サイトやプロモでは、
「緻密な戦略」を売り文句にしていますが、
このゲームの特徴はゴリ押しできるところ。
そんな緻密に計画を立てて行動しなくても進められます。
グングニルは行動順を入れ替えられるところがキモになっていて、
自軍のターン中に同じキャラの複数回行動ができる。
他のキャラを動かさない代わりに、
一人を単騎特攻させて即離脱したり、
瀕死キャラを連続回復させることも可能。
この連続行動には若干のペナルティが発生するけど、
ここぞという時に界王拳のごとく使えるのでちょう便利です。
タクティクスゲージというゲーム中に溜まっていくポイントを消費すれば
敵軍のターン時にも割り込むことができる。
「敵が回復する前に倒したい!」なんて時に使えたりします。
合間合間でブーストができるSRPGとも言えます。
つっても後半から急激に難易度が上がるので、
そこそこ頭を使う必要がありますけど、
同じステージでリトライを繰り返せばレベル上げもできます。

あと、気になるところがいくつか。
クラスが25種類もあるけど、その差がよくわからない。
8種類ぐらいにまとめられるような気がする。
UIがはっきりいって見辛い。
情報量が多すぎるんですよ。
どの情報が重要かもわからない。
後半に入ってだいたいわかるようになってきたけど
いまだにわからないステータスがあったりします。
などなど。

個人的にSRPGは途中で飽きることが多いんですけど、
グングニルは楽しく遊べてます。
たぶん、ずっと俺のターン的な遊び方ができるからだと思う。
今のところ面白いです。


参考:
「グングニル -魔槍の軍神と英雄戦争-」公式サイト
http://gungnir.atlusnet.jp/

※リンク先、BGMの音量注意
  1. 2011/05/28(土) 13:52:27|
  2. ゲーム全般
  3. | コメント:0
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。