気ままな徒然草別館

ゲームや日常に関することを徒然と語るブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

高垣彩陽「たからもの」

たからもの(初回限定盤)(DVD付)たからもの(初回限定盤)(DVD付)
(2011/04/06)
高垣彩陽

商品詳細を見る


「また明日」って言えなくなるけど
終わりじゃない 始まりなんだ
共に過ごしたなにげない日々が
たからものに今、変わってゆく



もうPVは10回以上観ただろうか。
高垣彩陽の卒業ソング。
声楽で培ったハイトーンやファルセットをあえて使わずに
ゆったりと穏やかに歌い上げている。
最初ラジオで聞いた時は、正直「地味な歌だな」と思った。
でも、CDに同梱されていたPVを観て、180度印象が変わった。
卒業を迎える学生が学校での日々を
寂しさと共に思い返しながら旅立つ決意をする。
PVの映像からはそんな歌詞のテーマがダイレクトに伝わってきた。
PVは編集なしの1カット構成。
カメラは校舎の中を歌いながら歩く彼女をひたすら追い続ける。
まるで一本のドキュメンタリーを見ているかのよう。
圧巻だったのが校庭の真ん中にたどり着いたシーン。
今まで流れていた音楽がピタリと止まって、自然の音に切り替わる。
画面の中の彼女がゆっくりと口を開き、アカペラで歌い出す。
何気なく映像を眺めていたら、
突然あちらから話しかけられたかのような錯覚。
ぞわっと鳥肌が立った。
CDの音声からPV撮影時の音声(環境音込み)に切り替わるという演出だった。
アカペラからCDの音声に戻ったあと、
曲の終わりと共にカメラの前からゆっくりとフレームアウトしていった……。
しばらく余韻が残ってポカンとしてしまった。
CDとPVで構成が違うなんて反則じゃないか!
まさかの不意打ちだった。

PVを観るたびにこの曲が好きになっていった。
僕にとってはまさにスルメソング。
いつかライブで聴けたらいいなと思う。


参考リンク:
高垣彩陽「たからもの」 | ソニーミュージック オフィシャルサイト
http://www.sonymusic.co.jp/?70006129&70006129_SMCL-235_01VFL


スポンサーサイト
  1. 2011/04/09(土) 18:14:17|
  2. スフィア
  3. | コメント:0

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。