気ままな徒然草別館

ゲームや日常に関することを徒然と語るブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ゲーム:気になる同人ゲー

「花咲か妖精フリージア C80 PV」


この同人ゲーすごいなー。
このクオリティは絶対にプロの犯行(笑)だと思う。
経験がないと作れないレベル。


開発サークルのHP
「えーでるわいす」
http://edelweiss.skr.jp/
スポンサーサイト
  1. 2011/07/16(土) 15:49:02|
  2. ゲーム全般
  3. | コメント:0

ゲーム:トラブル☆ウィッチーズ ねぉ!



いつもお世話になってる某さんが「トラねぉ」の実況動画を
うpしたので紹介しときます。

「トラブル☆ウィッチーズ ねぉ!」は魔女っ子を操作する横スクロールSTG。
ゲーム自体はぶっちゃけ「ファンタジーゾーン」です(笑)。
その「ファンタジーゾーン」にかわいい絵柄のキャラと女の子ボイスを足して
システム的に弾幕STG風の要素を入れたゲームと言っていいと思います。
このゲームのウリは、軽く遊べるSTGってとこじゃないでしょうか。
タイムアタックがあるのでやりこもうと思えばとことんやりこめますけど、
ゲームの基本部分はさくっと遊べます。
普段STGをやらない人にもオススメしたいゲームですね。


参考:
「トラブル☆ウィッチーズ ねぉ!」公式サイト
http://www.bouken.jp/pd/twx/
  1. 2011/05/29(日) 20:08:47|
  2. ゲーム全般
  3. | コメント:2

ゲーム:グングニル その1

グングニル -魔槍の軍神と英雄戦争-グングニル -魔槍の軍神と英雄戦争-
(2011/05/19)
Sony PSP

商品詳細を見る

アトラスから発売中のSRPG「グングニル-魔槍の軍神と英雄戦争-」の感想。
開発はユグドラユニオン等で有名なスティング。
現在、SCENE22を攻略中。
ファーストインプレッションのつもりで書こうと思ったら
もう後半戦に入ってました(苦笑)。

一言で言えば見た目どおりのタクティクスオウガ系のゲーム。
クォータビュー視点で、段差があって、
ユニットを隣接させて攻撃するという基本は同じ。
じゃあ、何が違うのか?
グングニルの公式サイトやプロモでは、
「緻密な戦略」を売り文句にしていますが、
このゲームの特徴はゴリ押しできるところ。
そんな緻密に計画を立てて行動しなくても進められます。
グングニルは行動順を入れ替えられるところがキモになっていて、
自軍のターン中に同じキャラの複数回行動ができる。
他のキャラを動かさない代わりに、
一人を単騎特攻させて即離脱したり、
瀕死キャラを連続回復させることも可能。
この連続行動には若干のペナルティが発生するけど、
ここぞという時に界王拳のごとく使えるのでちょう便利です。
タクティクスゲージというゲーム中に溜まっていくポイントを消費すれば
敵軍のターン時にも割り込むことができる。
「敵が回復する前に倒したい!」なんて時に使えたりします。
合間合間でブーストができるSRPGとも言えます。
つっても後半から急激に難易度が上がるので、
そこそこ頭を使う必要がありますけど、
同じステージでリトライを繰り返せばレベル上げもできます。

あと、気になるところがいくつか。
クラスが25種類もあるけど、その差がよくわからない。
8種類ぐらいにまとめられるような気がする。
UIがはっきりいって見辛い。
情報量が多すぎるんですよ。
どの情報が重要かもわからない。
後半に入ってだいたいわかるようになってきたけど
いまだにわからないステータスがあったりします。
などなど。

個人的にSRPGは途中で飽きることが多いんですけど、
グングニルは楽しく遊べてます。
たぶん、ずっと俺のターン的な遊び方ができるからだと思う。
今のところ面白いです。


参考:
「グングニル -魔槍の軍神と英雄戦争-」公式サイト
http://gungnir.atlusnet.jp/

※リンク先、BGMの音量注意
  1. 2011/05/28(土) 13:52:27|
  2. ゲーム全般
  3. | コメント:0

ゲーム:ドラゴンエイジ その1

Dragon Age:Origins 特典 『DragonAge:Origins』旅立ちの書付きDragon Age:Origins 特典 『DragonAge:Origins』旅立ちの書付き
(2011/01/27)
PlayStation 3

商品詳細を見る

Dragon Age:Origins 特典 『DragonAge:Origins』旅立ちの書付きDragon Age:Origins 特典 『DragonAge:Origins』旅立ちの書付き
(2011/01/27)
Xbox 360

商品詳細を見る

もうすぐドラゴンエイジが発売になりますね。
自分は英語版の方をプレイ済みですけど、日本語版も購入予定です。
ドラゴンエイジはちくちくクエストをつぶしていくのが面白い。
自分の意図どおりに仲間が動いた時なんか最高に気持ちいいです。
町を探索してる感じはまさにTRPGのシティアドベンチャー。
ほんと日本でもこういうゲームが出ないもんかねぇ。


以下は自分用にまとめたメモ。

PC/PS3/Xbox360『DragonAge:Origins』

世界観:
ダークファンタジー。中世的な世界観。全体的にうす暗い雰囲気。

ストーリー:
フェレルダン王国領内にダークスポーンと呼ばれる怪物の軍団が現れるようになり、人々の暮らしを脅かすようになっていた。そんな中、グレイ・ウォーデン騎士団に窮地を救われた主人公は、自身もグレイ・ウォーデンに参加することになる。フェレルダン王国騎士団とグレイ・ウォーデンは共同でダークスポーン軍と戦うことになったが、フェレルダン王国の宰相ローゲインの裏切りにより、国王ケイランは戦死し、グレイ・ウォーデンも壊滅してしまう。奇跡的に命をとりとめた主人公は、ローゲインの裏切りを告発するため、立ち上がった。ローゲイン打倒を目指すが、ダークスポーンの侵攻も迫っていた……。
(人間と人間が争い、そこに魔物の軍団が攻め入ろうとしている構図)

バトル:
戦闘システムはリアルタイム方式。アクション性はほとんどなく、パラメータによって判定されている(見た目的に当たっていても命中判定に失敗すればmiss)。いつでも一時停止が可能で、臨機応変にパーティーメンバーへ直接指示を出せる。キャラクター毎に戦術を設定しておくことで、自動的に戦ってくれる。戦術設定はFF12のガンビットに近く、細かい条件を設定することができる。リアルタイムストラテジーのプレイ感覚に似ている。ウォーリアー2人が前面に出て盾となり、その間に後衛のメイジが呪文を詠唱してドカーンとか、メイジが凍らせた敵をみんなでボコるみたいな戦略が取れる。

マップ:
オープンフィールドではなく、ワールドマップから行き先のエリアを選ぶ方式。
クエストを受けることによって探索エリアが広がっていく。


4GamerにPC版のレビューがあります。
http://www.4gamer.net/games/016/G001607/
  1. 2011/01/26(水) 04:17:51|
  2. ゲーム全般
  3. | コメント:0

ゲーム:トトリのアトリエ その1



現在二年目まで進んだところ。
いやー、トトリがいい!
前向きで健気で、ドジだけど反省して
しっかりものになろうとしているところがかわいい。
師匠がアレだから私がしっかりしなきゃポジションもオイシイw
とくにトトリ役の名塚佳織の声がめちゃめちゃハマってるんですよ。
今までの名塚佳織らしいおとなしい感じのヒロイン声ではなくて、
幼さと健気さと一生懸命さが感じられるとてもポジティブな声が
トトリのかわいさを際立たせています。
かわいさといえば、もちろん岸田メル絵の力が大きいと思いますけど
今回は3Dのキャラモデルもいいんですよねー。
イベント中は基本的に岸田メル絵が出てくるので
それがちょっともったいないくらい。
個人的にはポリゴンモデルを使ったイベントをもっと見たかったなぁ。
フィールドで操作中のキャラはカメラが引いてるし、
3Dのトトリをアップで堪能できるのは戦闘ぐらいなので。
まあ、トトリのかわいさについてはこの辺にしておいて(笑)、
お次はゲームの中の話でも。

ゲームの流れは、
“依頼を受ける→調合する→納品する”が基本。
これを繰り返していると
冒険者免許のランクが上がり、
マップ上の行けるエリアが増え
依頼の難度もちょっと上がります。
こうやってゲームが進行していきます。
トトリの大目的は「行方不明の母親を探す」なので
今後明らかになっていくと思われます。

イベントが豊富なのもいいです。
調合中やマップ移動中にもイベントがちょくちょく入るので
いい緩急になってると思う。
ほとんど笑えるイベントばかりだけどw

戦闘については、RPG色を強めたマナケミアと比べると
だいぶシンプルなんだけど
トトリはそこがメインじゃないのでたいして気にならないかなぁ。
とはいえ、基本スピーディーで
スキル技を使うと派手な演出が入るし、
トトリの行動に応じて仲間の連携攻撃が発生するので
それなりに戦略性もあって楽しい。

それと、ロードがそこそこ速いのと、
町の施設はショートカットで瞬時に移動できるので
システム周りも快適です。

全体的にみると、
やれることはそんなに多くないけど
”調合”にしっかりフォーカスされていて
コンパクトにまとまってる感じがします。
そこに豊富なイベントが加わり、
2Dと3Dのキャラのかわいさもあって
良質のキャラゲーになってると思う。

ライトなRPGとして遊べるはずなので
普段は携帯ハードでRPGをやってるという人たちにも
ぜひプレイしてもらいたいですね。

トトリのアトリエ~アーランドの錬金術士2~(通常版)トトリのアトリエ~アーランドの錬金術士2~(通常版)
(2010/06/24)
PLAYSTATION 3

商品詳細を見る
  1. 2010/07/01(木) 03:21:34|
  2. ゲーム全般
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。