気ままな徒然草別館

ゲームや日常に関することを徒然と語るブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

読書:天空をわたる花 東国呼子弔忌談-過去を呼ぶ瞳-

天空をわたる花 東国呼子弔忌談-過去を呼ぶ瞳- (JUMP j BOOKS)天空をわたる花 東国呼子弔忌談-過去を呼ぶ瞳- (JUMP j BOOKS)
(2009/12/04)
矢島 綾結布

商品詳細を見る


いわゆる表紙買いをした作品なんだけど、いい意味で裏切られた。
神様の使いみたいな人が特殊能力でちょちょいと妖怪退治する話かと思ったら、
意外としっかりしたミステリーだったのですよ。
しかも横溝正史ばりの凄惨なミステリー。
単純に悪いヤツを見つけて倒してハイおわりという作品ではなかった。
女性がやたら多い村、獣の血の匂いがする村人ってところで、
あれ?って思いはじめて、そのまま先が気になって一気読みでした。
フェイクと伏線がうまく配置され、最後まで核心部分の謎がわからなかった。
村で行われていた儀式の秘密があきらかになるくだりは切なくて泣けます。
冒頭はあれほど美しく見えた天空をわたる青い花が
最後には全然違うものに見えてくるという……涙。

主人公の兵助と、使役神の火雷(カライ)のコンビがめちゃめちゃ良いです。
女性の高位神である火雷(カライ)は、使役神になるようなレベルではないのに
“呼子”の兵助に従っています(つきまとっているかも?)。
他の作品でよくある弱っちい主人公になぜか強いヤツが付き従っているパターンかな。
火雷が兵助の側にいる理由は、兵助の過去の話に関わってくるんですが、
いやこれがものすごいラブなのですよ(笑)。
そんな火雷の気持ちに全く気がつかない兵助が憎らしいw
主人公の兵助は若干KYなんだけど、さりげない優しさがちょう男らしくてちょうかっこいい。
マジでこういう男に憧れますねー。
この作品はミステリーといってもメインテーマは『愛』だと思うんですよ。
愛ゆえに過ちを犯し、それに引き裂かれそうになる小さな愛、そして2人の愛。

個人的に読みやすい文章だったので最後まですらすらと読めました。
星をつけるとしたら星5つです!

まだまだ続編が書けそうな感じだったので
ぜひ続きを読みたいですねー。

今年の最後に良い本にめぐりあえて良かったです。
スポンサーサイト
  1. 2009/12/31(木) 19:02:58|
  2. 読書
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

読書:[映]アムリタ

[映]アムリタ (メディアワークス文庫 の 1-1)[映]アムリタ (メディアワークス文庫 の 1-1)
(2009/12/16)
野崎 まど

商品詳細を見る



「映画は素晴らしいものです。映像を通して、人の人生に語りかけることができる」


僕は大学時代に新聞奨学生をやっていたせいで
課外活動にあまり参加できなかったこともあり
いわゆるサークル的なものに憧れがあったりします。
(すぐ“なんとか部”にしたがるのはその辺が原因だろうなー)
そんなサークル気分を味わえるのではと思って、
手に取ったのが『[映]アムリタ』という小説。
あらすじを読んでみると、舞台が芸大の映画サークルで
みんなで協力しながら映画を作っていく話らしい。
これぞ自分が求めているモノでは!?
若者たちの熱いパトスがほとばしる青春グラフティだと信じて
読み始めたわけです。
しかーし。
結論から言ってしまうとちょっと違った。いやかなり違った。
主人公がスカウトされて、映画サークルに参加することになり、
若き天才監督(ヒロイン)や仲間たちと共に映画を作り上げるところまでは
確かに青春群像劇といえないこともない。
主人公(ツッコミ)とヒロイン(ボケ)の漫才のようなやりとりが結構笑えたりもする。
でも映画が完成した後、ヒロインが失踪するあたりから話がおかしな方向へ。
完成した映画には隠された謎が~的な流れになるんだけど、
その結末がなんともいえないのですよ。
よりによってそこに着地すんのかよって。
小説の表紙からも予想できないまさかの展開(表紙詐欺w)。
で、結末を知ったあとに最初から読み直したら、
あちこちにちゃんと伏線が張ってあったんですよ。
なにげない会話が伏線だとわかった瞬間、鳥肌たちまくり。
もうね、ヒロインの印象が180度変わるw
これは結末に向けて構成された物語なんだと思ったら
すんなり腑に落ちました。

甘ったるいミルクチョコレートだと思って食べたら
意外とビターな味だったという読後感。
この小説が面白いのかって言われると、正直判断に迷う。
ただ不思議な読後感だったので
他の人の感想を聞いてみたいなぁとは思いました。


ちなみに本書は新しく創刊されたメディアワークス文庫の中の1冊。
ラノベの電撃文庫とは異なる方向性らしい。
うん、この『[映]アムリタ』はラノベじゃないと思う(笑)。
表紙はラノベっぽいのにねぇ。
  1. 2009/12/30(水) 02:44:30|
  2. 読書
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ゲーム:テイルズオブグレイセス その1

テイルズ オブ グレイセス(特典無し)テイルズ オブ グレイセス(特典無し)
(2009/12/10)
Nintendo Wii

商品詳細を見る



とりあえず12時間ほどプレイ。
サクサク進むのでやめどきが難しい!

序盤は少年時代の話。
子供たちのいい友情話になってました。
ここを回想イベントではなく、
丁寧にゲームとして構成したおかげで感情移入がしやすかった。
成長した後の本編にキレイにストーリーがつながってます。
ただ、バトルでできることが少ないので、
この段階でのバトルはそれほど面白くないんですよね。
なので少年時代の話はもうちょっと短くてよかったかも?

成長した本編に入ってバースト技が使えるようになると
戦闘がめっちゃめちゃ面白くなります(戦闘については後述)。

ストーリーは主人公が不幸過ぎて泣けるw
この辺はちゃんとドラマが作られているので
すんなり物語の中に入っていけました。

あまりに戦闘がサクサク進み過ぎるので
難易度をハードにあげてみたらちょうどいい感じにw
ハードはボーナスが多いっていうメリットもあるんですけど
戦闘が面白いので歯ごたえがほしくなるんですよねー。
ノーマルはWiiのユーザー層を考慮してなのか簡単過ぎるw
テイルズはいつでも難易度を変えられるので
しばらくこのままハードでやっていこうと思います。
強い敵を求めたくなるのって、それだけ面白いってことですよね。

今のところちょう面白いデス。


それでは、グレイセスのバトルについてちょこっと解説。
バトルには2つの特徴があります。

1.“待ち”のある戦闘
こちらがひたすら攻撃するだけではなく、
防御、ステップ回避など敵の攻撃を待つことも重要。
グレイセスにはテイルズおなじみのTPがなく、
自動回復するCC(チェインキャパ)を消費して技を出します。
CCがゼロになると技が出ません(SO3のGutsに近い)。
CCは戦闘中に防御するか回避を行うと回復します。
防御した場合は1~2秒で全快。
つまり、戦闘の基本は、
技(CCがなくなるまで)→防御&回避でCC回復→技(CCがなくなるまで)の繰り返しです。
この防御&回避によるCC回復という要素が
戦闘に独特のテンポをあたえていて、単純なAボタン連打ゲーになるのを防いでいます。

2.バースト技とアーツ技
グレイセスには2種類の技があって、
要は大攻撃(=バースト技)と小攻撃(=アーツ技)みたいなもんです。
バースト技がBボタン発動、アーツ技がAボタン発動。
バースト技は威力が高いけど隙が大きかったり、
アーツ技は威力小さめだけど発動早いので敵の攻撃をつぶしたり、
連携しやすいという特徴があります。
敵に合わせてこの2系統の技をどう使うかってのが、
グレイセスのバトルの一番のキモになってます。
バーストとアーツはお互いにキャンセルでつながるので
自分なりのコンボが組めるわけですよ。
おまけにバーストからアーツにつないだ時は
HPが回復するという効果もあるので
たとえばバースト技→バースト技→バースト技→アーツ技とつなぐと
敵に大ダメージを与えたうえ、
自分のHPも回復するというかなり効果的なコンボになります。
ちなみにバースト技もアーツ技もキャラごとに複数あるんですけど
ショートカットに登録できるのはそれぞれ4つずつなので、結構悩みます。


しかし、敵の攻撃を待つ&敵の動きを見て回避(リスク)して、
リターンにつなげるというゲームが最近多いですよねー。
ベヨネッタのウィッチタイムやSO4のサイトアウト、
デモンズソウルは敵の動きを見て行動する(パリィとか)ゲームですよね。
確かにテンポを変える、緩急をつけるという意味では
“待ち”っていうのは良い方法だと思います。
そういえば、ギアーズのカバーも“待ち”に入りますよね。
来年いっぱいぐらいはいろんな“待ち”のゲームが出そうな予感。

  1. 2009/12/13(日) 20:43:01|
  2. ゲーム全般
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ゲーム:レギンレイヴが気になる



Wii『斬撃のREGINLEIV(レギンレイヴ) 』 販売:任天堂 開発:サンドロット
2010年2月11日発売予定

Wiiにはなかったタイプの本格ファンタジーのアクションでちょう気になります。
世界観は北欧神話らしい。
CEROレーティングが“D”ってことは間違いなくゲーマー向けのタイトルでしょう。
動画を見る限りはファンタジー世界で簡単操作で遊べるモンハンって感じに見える。
サンドロットは地球防衛軍を作った会社なので
3人称視点のアクションゲームには慣れているはず。
あとビックリしたのが、オンラインでの4人協力プレイに対応していること!
しかも無料だそうで、気軽に巨人を倒しに行ったりできそう~。


斬撃のREGINLEIV(レギンレイヴ)斬撃のREGINLEIV(レギンレイヴ)
(2010/02/11)
Nintendo Wii

商品詳細を見る


  1. 2009/12/05(土) 22:47:41|
  2. ゲーム全般
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。