FC2ブログ

気ままな徒然草別館

ゲームや日常に関することを徒然と語るブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

読書:[映]アムリタ

[映]アムリタ (メディアワークス文庫 の 1-1)[映]アムリタ (メディアワークス文庫 の 1-1)
(2009/12/16)
野崎 まど

商品詳細を見る



「映画は素晴らしいものです。映像を通して、人の人生に語りかけることができる」


僕は大学時代に新聞奨学生をやっていたせいで
課外活動にあまり参加できなかったこともあり
いわゆるサークル的なものに憧れがあったりします。
(すぐ“なんとか部”にしたがるのはその辺が原因だろうなー)
そんなサークル気分を味わえるのではと思って、
手に取ったのが『[映]アムリタ』という小説。
あらすじを読んでみると、舞台が芸大の映画サークルで
みんなで協力しながら映画を作っていく話らしい。
これぞ自分が求めているモノでは!?
若者たちの熱いパトスがほとばしる青春グラフティだと信じて
読み始めたわけです。
しかーし。
結論から言ってしまうとちょっと違った。いやかなり違った。
主人公がスカウトされて、映画サークルに参加することになり、
若き天才監督(ヒロイン)や仲間たちと共に映画を作り上げるところまでは
確かに青春群像劇といえないこともない。
主人公(ツッコミ)とヒロイン(ボケ)の漫才のようなやりとりが結構笑えたりもする。
でも映画が完成した後、ヒロインが失踪するあたりから話がおかしな方向へ。
完成した映画には隠された謎が~的な流れになるんだけど、
その結末がなんともいえないのですよ。
よりによってそこに着地すんのかよって。
小説の表紙からも予想できないまさかの展開(表紙詐欺w)。
で、結末を知ったあとに最初から読み直したら、
あちこちにちゃんと伏線が張ってあったんですよ。
なにげない会話が伏線だとわかった瞬間、鳥肌たちまくり。
もうね、ヒロインの印象が180度変わるw
これは結末に向けて構成された物語なんだと思ったら
すんなり腑に落ちました。

甘ったるいミルクチョコレートだと思って食べたら
意外とビターな味だったという読後感。
この小説が面白いのかって言われると、正直判断に迷う。
ただ不思議な読後感だったので
他の人の感想を聞いてみたいなぁとは思いました。


ちなみに本書は新しく創刊されたメディアワークス文庫の中の1冊。
ラノベの電撃文庫とは異なる方向性らしい。
うん、この『[映]アムリタ』はラノベじゃないと思う(笑)。
表紙はラノベっぽいのにねぇ。
スポンサーサイト
  1. 2009/12/30(水) 02:44:30|
  2. 読書
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://takslab.blog65.fc2.com/tb.php/115-8f3a120a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。