気ままな徒然草別館

ゲームや日常に関することを徒然と語るブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

読書:小説家の作り方

小説家の作り方 (メディアワークス文庫)小説家の作り方 (メディアワークス文庫)
(2011/03/25)
野崎 まど

商品詳細を見る

「小説作法かと思ったらSF小説だったでござる」という斜め上を行く展開。
ハルヒほどぶっ飛んでないし、
序盤から丁寧に伏線が張られているので
最後まですんなり読むことができた。
そして終盤で明らかになる「この世で一番面白い小説」の存在。
うん、確かに「この世で一番面白い小説」になりそうだった(笑)。
オチがちゃんとタイトルにかかっているのは見事だと思った。
今作も野崎まどらしい不思議ミステリーでした。満足。

スポンサーサイト
  1. 2011/04/30(土) 03:49:35|
  2. 読書
  3. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。