気ままな徒然草別館

ゲームや日常に関することを徒然と語るブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

読書:ビブリア古書堂の事件手帖~栞子さんと奇妙な客人たち~

ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち (メディアワークス文庫)ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち (メディアワークス文庫)
(2011/03/25)
三上 延

商品詳細を見る

古書とその持ち主にまつわる謎を解き明かすミステリー。
古書の内容と謎がリンクしているところがミソ。
この本にはどういう思いが込められているのか?
持ち主はなぜこの本を売りにきたのか?
古書店の女性店主(ヒロイン)は、わずかな情報を頼りに
その謎を解き明かしていく。
各話のタイトルには実在した本の名前が使われていて
第一話は「夏目漱石『漱石全集・新書版』」の話。
この本によって主人公のある秘密が明らかになる。
第三話「ヴィノグラードフ・クジミン『論理学入門』」は、
夫婦の心温まるエピソードがちょっと泣けた。
個人的には、本好きのヒロインが
古書について熱く語るシーンにグっと来た。
本について語ることが好きな人は共感できるんじゃないかと思う。
連作短編形式で読みやすいのも良かった。
良作に認定。
ぜひ続編が読みたい。


お次は「真夏の昼の夢」を読むつもり。
住宅密集地の一軒家で“陸の孤島”ミステリーという変わった設定。
この本も「小説家の作り方」「ビブリア古書堂の事件手帖」と同じで
メディアワークス文庫。
最近、自分の中でメディアワークス文庫が熱いです。
スポンサーサイト
  1. 2011/04/30(土) 04:20:20|
  2. 読書
  3. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。