気ままな徒然草別館

ゲームや日常に関することを徒然と語るブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ゲーム:メトロ2033をクリアしてみた


メトロ2033メトロ2033
(2010/05/13)
Xbox 360

商品詳細を見る

たまには人じゃなくて
怪物を撃ちたいぜーってことで買ってきたのがメトロ2033。

核戦争で荒廃した世界が舞台で、場所はロシア。
地上が汚染されて地下鉄の駅に逃げ込んだ人々の物語。
地上は突然変異で現れた怪物が闊歩する世界になっていた。

小説が原作だそうで、主人公のモノローグで状況説明が入り、
導入部分ですんなりゲームの世界に入り込むことができました。
これはちゃんと吹き替えで日本語音声になってるのが大きいと思う。

メトロ2033の世界は暗く、狭く、そして息苦しい。
プレイヤーにも徐々にその息苦しさが伝わってきます。
デジタル的なステータス画面が最小限に抑えられていることもあって、
ゲームへの没入感がハンパないのです。
サラウンドヘッドフォンをつけて1時間ぐらいプレイしたら
ゲームに集中し過ぎてしまって、ひさびさに酔ってしまったw
敵は怪物メインかと思ったら、野盗とよばれる人間も出てきたり
ゾンビっぽいものも出てきます。
主な舞台が暗い地下鉄の中で、突然怪物が出てくるとビビリまくり。
ホラー映画のような演出がちょこちょこ入ってるのでそれも怖い。
暗い線路を通り抜けて次の駅についた時の開放感がたまらないです。

メトロ2033はストーリーという線路がきっちり敷かれ、
その線路を進み、主人公の物語を
プレイヤーが体験していくという形になっています。
一言で言えば、ストーリー重視のFPS。
個人的にはダークネスにプレイ感覚が似てると思った。
あれもストーリーでぐいぐい引っ張るタイプのゲームなので。
もしくはFallout3を一本道にして演出を強化したタイプといえるかも。

このゲームは没入感が半端ないので、
1時間プレイするだけで結構疲れます。
でも休んでまたプレイしたくなってします。
それだけの魅力がこのゲームにはあると思います。

最終的にロシアのテレビ塔を目指すという展開になるんですが
どこかで聞いたような話だと思ったら、フラジールですよ。
メトロ2033もフラジールも荒廃した世界で
テレビ塔を目指すってところは同じなんですよね。

終盤は、正直クリアするのがもったいないくらいでしたw
それだけこのゲームの世界にハマりましたよ。
なんといっても世界の雰囲気がイイ!
グラフィックのクオリティが高いのもあるけど、
ダンジョンの構造が面白いんですよ。
極端な高低差があったり、土管の中を進んだり
ギミックや謎解きまであるので
FPS視点のアドベンチャーゲームを遊んでいるかのよう。
薄暗いトンネルをさまよってる時になぜか懐かしさを感じたのですが
WIZやダンマス(ウルティマアンダーワールドとかw)を思い出していたんです。
WIZのダンジョンを探索してる時の感じに似ている。
新しい階層に降り立った時の緊張感とか。
敵のミュータントが手ごわいのもいい。
ミュータント系は結構な弾をぶち込まないと倒せないので
かなりの強敵なんですよ。
ちなみに人間の敵はヘッドショット一発なんですけどw

そしてEDをむかえ、主人公の物語は終わりました。
心地よい疲労感とともに終わったという寂しさ。
世界観にハマったのはバイオショック1以来。
ここ最近プレイしたFPSの中では一番おもしろかったです。

とはいえ、メトロ2033のFPS部分はわりと普通だし、
対戦モードもないので、FPSファンにはそんなオススメできませんw

ストーリー重視のゲームが好きな方にプレイしてもらいたいですね^^

スポンサーサイト
  1. 2012/09/02(日) 05:14:32|
  2. ゲームクリア後感想
  3. | コメント:2

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2012/10/04(木) 22:41:57 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
  1. 2012/11/03(土) 20:56:46 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。