気ままな徒然草別館

ゲームや日常に関することを徒然と語るブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ゲーム:ベルベットアサッシン その1

ベルベット アサシンベルベット アサシン
(2009/09/17)
Xbox 360

商品詳細を見る

『ベルベットアサッシン』のファーストインプレッションです。
実在した女スパイをモデルにした主人公を操作するTPS視点のゲームで
敵と正面から撃ち合うのではなく、
後ろから某天誅のようにこっそり刺し殺したり、
時には敵が通り過ぎるのをやり過ごしたりと
いわゆるステルスゲームに分類されるタイトルです。

最初のステージは森の中から始まるのですが、
画面全体がオレンジがかっている異様な世界。
この世界は“病床の主人公が見ている夢”という設定なので
どこかこう夢のような色彩がはっきりしないイメージがあります。
そしてHDRを生かした光と闇の表現も印象的。
光が差し込まない部屋の中は、闇のように暗く、
点々と存在するライトは太陽のようにまぶしい。
ライトの前に立てば当然のように自分の影が伸び、
壁にその姿が投影されてしまう。
この独特の世界観の雰囲気をさらに盛り上げるのがサウンド。
安全状態にいる時はBGMなしでSEのみしか聞こえないんですが
敵と遭遇した時はサスペンス映画のようなスリル満点のBGMが流れ、
無駄に緊張します(笑)。
基本的に敵から隠れるゲームなので、
敵の足音が聞こえるだけで結構ビビリます。
今回はサラウンドヘッドフォンでプレイしてみたのですが、
ゆっくりと迫ってくる足音がいい感じで再現されていて、
「こ、こえー」と素で思ってしまったw
あとは吹き替えのキャスティングもグッジョブ!
洋画の吹き替えを数多く担当している甲斐田裕子が主人公役なので
いい意味で映画的な雰囲気があります。
ホントにこの配役はUBIグッジョブですよ!
なんとかペルシャみたいにアイドルじゃなくて良かった(爆)。

今のところ、最初のミッションしかプレイしていないので
ゲームとしての面白さはまだ判断できませんが
ゲーム中に流れる緊張した雰囲気はたまらなくいい。
おかげでプレイした後は精神的に疲れますけどね(汗)。
世界観作りという点では成功しているゲームだと思います。


参考リンク:
『ベルベットアサッシン』公式サイト
http://www.ubisoft.co.jp/velvetassassin/

スポンサーサイト
  1. 2009/09/22(火) 15:10:42|
  2. ゲーム全般
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://takslab.blog65.fc2.com/tb.php/94-689b5eae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。