気ままな徒然草別館

ゲームや日常に関することを徒然と語るブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

雑記:星見はじめました

今まで宇宙理論とかSFに関わる部分が大好きだったんですが
それって自分の目では確認できないんですよね。
いつかは宇宙の海原に出てそれを確認できる日が来るかもしれない。
でもさすがに僕が生きている間にはムリでしょう。
じゃあ、今見れるものって何だろうって考えた時に
夜空に浮かぶ星たちに気がついたわけですよ。
だったら星を見ればいいんじゃないかと。
なのでマジメに天体観測をやろうと思ったんです。
いや、天体観測っていうほど観測するわけでもないので
シンプルに“星見”って呼びましょうかね。
英語で言うとスターウォッチング?w

調べてみたところ、双眼鏡でも月のクレーターや星雲なら十分で
そこそこの望遠鏡だったら土星の輪っかまで見えるらしい~。
うぉー、ちょう見たい!

星を見るなら星座は外せないところ。
もちろんそれに付随する物語も。
最近知って面白いなーと思ったのがおとめ座の話。
豊作の女神の一人娘ペルセポネーが冥界の王にさらわれていた時に
冥界にある12個のザクロの実のうち4個を食べてしまったため、
1年のうち4ヶ月は冥界で暮らすことになった。
娘がいない間は母親の豊作の女神も悲しみのあまり姿を消すため、
女神のいない4ヶ月間は作物が育たなくなってしまったんだとか。
この4ヶ月間は星空からおとめ座(ペルセポネー)が姿を消す時期。
つまり冬という季節を説明するために
ギリシャ人が作った物語なんですよねー。
なるほどなぁって感じですw
以上、ミニ星座物語終わり。

せっかく実家に帰ってきたので
東京よりもキレイな星空を見ようとしたら
自分がいる間の天気予報は全部くもりでした(泣)。
となると、冬休みまでオアズケか~。
しょうがないので東京で見れる星でガマンしますかねぇ。
星見の方法によっては東京でもそこそこ見れるようなので。

ってことでまずは星と星座についての勉強からはじめようと思いますー。

スポンサーサイト
  1. 2009/09/23(水) 00:20:12|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://takslab.blog65.fc2.com/tb.php/95-73ba2afb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。